読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気管虚脱

気管虚脱は、人間や他の動物にはみられない犬特有の病気です。遺伝的な原因、肥満や老化などにより、気管が押しつぶされ空気の通りが悪くなってしまう病気で、呼吸困難を起こします。小型犬の中高齢や短頭種で発生率が高いといわれています。

 

症状

運動したり興奮した後、水を飲んだり餌を食べた後などに、「グエーッ、グエーッ」あるいは「ゲーッ、ゲーッ」とアヒルやガチョウの鳴き声のような咳をします。

発作は短いもので数秒、長いものでは15分ほど続きます。軽症の場合、発作がおさまればケロッと元気になりますが、徐々に発作が長引くようになり、呼吸困難が激しくなります。

酷くなると酸素不足により舌や歯茎が紫色になる「チアノーゼ」という症状がでたり、失神することもあります。

原因

気管は、鼻・口など上部の気道と肺とを結ぶ空気の通り道です。もともとは、気管軟骨と膜状の壁により、首がどんな動きをしても空気の通り道が確保されるつくりになっています。

ところが、何かの原因で気管軟骨が歪んだり、膜状の壁が垂れ下がったりして、気管が扁平に押しつぶされると呼吸に障害が起きます。このような状態が気管虚脱です。

原因はよくわかっていませんが、極小型犬種や短頭犬種に多くみられることから、遺伝的な要因が考えられています。また、太った犬にも多くみられることから、肥満も原因の一つと考えられています。

治療

気管虚脱は完治させるのが難しいため、鎮咳剤や気管支拡張剤などの投与により症状を緩和する事が治療の目的となります。

呼吸困難を起こしている場合には、酸素吸入が行われる場合もあります。症状がコントロールできない場合には、外科手術が行われることもあります

予防

高温多湿の時期に発症しやすいため、暑い夏は、涼しい時間に散歩をしたり風通しのよい涼しい場所で過ごさせてあげましょう。また、愛犬の肥満防止に努めましょう。