下痢

下痢は、便に含まれる水分が増えて、便が軟らかく液状になる状態をいいます。下痢の原因や症状はさまざまで、単なる消化不良やストレスなどで起こる場合もあれば、寄生虫、細菌、ウイルス感染によって引き起こされる場合もあります。その他、腫瘍やホルモン異常など重大な疾患と併発して起こる場合もあります。

単なる消化不良の場合は、食事を1~2回抜き、腸を休めるだけで治ることも多いですが、子犬や老犬が急性の下痢になった場合は、命に関わることもありますのですぐに動物病院へ連れて行きましょう。

症状

軟便や血便など、一口に下痢と言っても便の性状や症状は様々です。下痢の症状は、異常のある部位によって異なりますので、まず、何処の部分に異常があるのかを見極めることが大切です。

<小腸性の下痢>

小腸は、食べものを消化・吸収する所です。小腸に異常があって下痢が起こる場合(小腸性下痢)は、1回の便の量は多いですが、回数はそれほど多くない傾向があります。便の性状は、軟便のこともあれば、水っぽいこともあります。小腸に出血がある場合は、便の色が黒っぽくなってきます。小腸性下痢が長期にわたって続く時は、合併症状として体重の減少や嘔吐、脱水などが見られます。

<大腸性の下痢>

大腸は水分の吸収を行う所です。大腸に異常があって下痢が起こる「大腸性下痢」の場合は、1回の便の量は正常か少なめですが、便の回数が多くなる傾向があります。便は、大腸の粘液が下痢と一緒に出る事が多く、ゼリー状の便がでたり、鮮血を伴ったりもします。大腸性下痢では、体重の減少はあまり見られません。

<ウイルス・細菌感染による下痢>

下痢で特に注意が必要なのは、細菌感染やウイルス感染などが原因で起こる下痢です。この場合、数日間激しい下痢をくり返す他、嘔吐や脱水、発熱などの全身症状を伴います。時に命に関わるので、一刻も早く病院に連れて行きましょう。

原因

食べものや寄生虫、細菌・ウイルス感染、腫瘍など下痢の原因は様々。下痢を引き起こす主な原因には、次のようなものがあります。

<食事が原因>

食べすぎたり、高脂肪のものを口にした場合、ドッグフードを変更した場合、食物アレルギー、牛乳を飲んだ場合、異物を拾い食いした場合など。犬の下痢の原因としてもっともよく見られます。

<ストレスなど神経性のもの>

引っ越しや旅行での移動、ペットホテルや美容院に長時間預けていた場合など、環境変化がもたらすストレスによって下痢を起こす場合があります。

<寄生虫の感染>

回虫、条虫、鞭虫など大型の寄生虫や、ジアルジア、コクシジウム等に感染しておこります。成犬よりも仔犬に多く見られます。

<ウイルス感染や細菌感染>

1.ウイルス感染

●パルボウイルス

ウィルス性の下痢では比較的頻繁に見られ激しい嘔吐と下痢を伴います。致死率の高い最も恐ろしい伝染病です。

●ジステンパーウイルス

下痢の他、目やにや鼻水、神経症状も現れます。

2.細菌感染

細菌による下痢は人に感染する可能性もあります。

●カンピロバクター

健康な犬の腸内にも見られることがあります。人では食中毒の原因となる代表的な菌です。

●サルモネラ

食中毒で有名な菌です。血清型により毒性もさまざまです

●大腸菌

普段も腸内にいる細菌ですが、中にはO-157のように毒性の強いものがあります。

<その他>

●腫瘍など

消化器型の悪性リンパ腫、胃や腸の腫瘍などは高齢のペットに多くみられます。年寄り慢性の下痢は要注意です。

●膵外分泌不全症

犬に多い病気で、脂肪を分解するすい臓の酵素が分泌されないため、食事中の脂肪を分解することができず、白い脂肪便がでます。食欲旺盛なのにも関わらず、ガリガリに痩せていきます。