読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬のてんかん

てんかんは、突然体が突っ張り、痙攣したり、意識をなくしたりという「てんかん発作」を繰り返す病気です。

症状

発作の数日~数分前によだれを流したり、落ち着きをなくしたり、活発になったり、逆に動きたがらなくなったりといった前兆が現れ、その後、てんかん発作を起こします。

発作は、四肢を硬直させ、口から泡や涎を出し、意識をなくして倒れたり、便や尿を漏らす全身性のものもあれば、体の一部だけが痙攣を起こす場合もあります。また、見えないものを追いかけるような奇妙な行動や、攻撃的な行動をする場合もあります。

治まるまでの時間は数十秒~数分程度、長ければ1時間以上かかることも。そして、発作が治まると何事もなかったように元に戻るのが特徴です。

原因

発作を起こす原因は様々ですが、脳腫瘍や水頭症、犬ジステンパーによる脳炎など、脳に何か障害があるために起こる「症候性てんかん」と、検査をしても脳に構造的な異常が認められない原因不明の「特発性てんかん」があり、こちらは遺伝的な要素が関係しているといわれています。

治療

「症候性てんかん」の場合は、その病気に対する治療を行います。「特発性てんかん」の場合には、抗てんかん薬を用います。発作が治まる前に再び痙攣発作を起こす「重責発作」を起こしている場合は、痙攣を止める緊急治療を行います。

てんかんの原因や症状の程度を明らかにするため、発作を起こした状況や病歴を詳しく獣医に伝えましょう。てんかんは、2~3ヶ月に1回だった発作が1ヶ月に1回に、その後1週間に1回というように徐々に発作の起こる間隔が短くなっていくため、早期治療が大切です。しかし、薬でうまくコントロールできるのは、全体の3分の1程度。薬でコントロールできない場合は、薬の量を少しずつ増すことが必要になります。

★発症しやすい犬種★

ビーグル、ダックスフント、シェルティ、シベリアンハスキー、 ジャーマンシェパード、アイリッシュセッター、ゴールデンレトリーバー、シーズー