ケンネルコフ

ケンネルコフは、伝染性気管支炎と呼ばれ、いくつものウイルスや細菌などが複合しておこる「犬の風邪」です。

症状

発作性の乾いた強い咳が特徴ですが、程度や発熱の有無は様々です。元気で食欲もあるなど、正常な時と大きな変化がみられない事が多いですが、進行すると元気や食欲がなくなり、鼻汁や微熱が出る事もあります。ほとんどは1週間~10日前後で回復しますが、ほかのウイルスや細菌にも感染した場合や、抵抗力や体力の少ない子犬や老犬が感染した場合には、悪化して肺炎を起こし、時には死亡する事もありますので、軽く考えるのは禁物です

原因

ケンネルコフは、犬パラインフルエンザや犬アデノウイルスII型などのウイルス、気管支敗血症菌といった細菌に感染することで起こります。病犬との接触や、くしゃみ、咳などで感染がひろがりますので、犬が集団で生活する所では、他の犬に次々とうつってしまうことが多いです。

治療

感染してしまった後のウイルスに効果のある薬はないため、咳を抑えるための治療が中心になります。プラズマと細菌には抗生物質による治療が有効なので、病原体に対し効力のある抗生物質を使います。家庭では、保温や換気に気を使い、安静にさせ、充分な栄養を与えます。また、犬の集まるところには連れて行かないようにしましょう。

予防

ケンネルコフの原因となるウイルスのいくつかに対してはワクチンが開発されているため、子犬の頃からきちんとワクチン接種を行うことが大切です。7種混合ワクチンに入っているアデノウィルス2型ワクチンおよびパラインフルエンザウィルスワクチンでかなり予防することができます。冬場はウイルスが活性化しやすいので、愛犬の体調が悪い日には外出を控えたり、咳をしている犬とは接触しないようにしましょう。