ジステンパー

ジステンパーウイルスに感染することで起こる、死亡率の高い恐ろしい病気です 。

症状

感染すると4~7日後に、40℃前後の発熱があり、食欲や元気がなくなります。その後、咳やくしゃみといった呼吸器症状や嘔吐・下痢などの消化器症状が現れることがありますがいったん熱が下がり、治ったかのように見えるため、それらの初期症状は見落とされがちです。

ところが再び発熱し、咳やどろっとした目やに、鼻汁、嘔吐や下痢などの症状があらわれます。時にはウイルスが脳にまで侵入し、体の一部が麻痺したり、全身が痙攣するような神経症状を起こすこともあります。

鼻や足の裏の肉球が角質化して硬くなる「ハードパッド」と呼ばれる特徴的な症状が見られることもあります。また、後遺症として神経症状などが残ったり、時には死に至る事もあります。ただし、ワクチンを接種している場合は、ほとんど無症状かケンネルコフのような軽い呼吸器症状ですみます。

原因

犬ジステンパーウイルスに感染することが原因で起こります。感染している犬の目やにやくしゃみなどの飛沫、尿や便を舐めることで感染します。また、ウイルスのついた食べ物から感染する事もあります。ワクチン接種を適切に済ませていない場合の発症が多く見られます。高齢や他の病気で免疫力が低下している場合などにも発症することがあります。

治療

伝染性の病気のため、隔離が必要です。犬ジステンパーウイルス自体に有効な治療薬はありませんので、治療は点滴や抗生剤、抗けいれん剤投与などによる対症療法が中心となります。体力の消耗を防ぐため、治療中は消化が良く、栄養価の高い食事を与えます。また、体温低下を防ぎ、安静にさせてあげましょう。

予防

犬のジステンパーは、死亡率の高い病気の一つですが、ワクチン接種で予防する事が可能です。適切な時期・回数のワクチンを必ず接種するようにしましょう。