チェリーアイ

チェリーアイは、目頭裏側の第三眼瞼腺という涙を作る役割をもつ腺組織が瞬膜の外側に飛び出し、炎症を起こして赤く腫れる病気です。炎症を起こして丸く腫れる様子が、「さくらんぼ」に似ている事から「チェリーアイ」と呼ばれるようになりました。別名「第三眼瞼腺逸脱」とも呼ばれます。

 

症状

炎症を起こして外側に飛び出した第三眼瞼腺が目に刺激を与え、不快感を感じるようになります。不快感から、犬が前足で目をこすったりするため、結膜炎や角膜炎などを併発することもあります。片方の目だけに起こることもありますが、両方の目に起こることもあります。

原因

第三眼瞼と第三眼瞼腺とをつなぎとめる結合組織が先天的に無かったり、つなぎとめる力が弱くなっていたり、結合が不十分だったりする事でチェリーアイを発症します。先天的な原因の場合、1歳未満の比較的若いうちから発症することが多いようです。目の周囲に外傷を負った場合、目の奥に腫瘍があった場合にもチェリーアイを起こすことがあります。

治療

飛び出している第三眼瞼腺をできるだけ元に戻す治療が行われます。初期であれば、飛び出した第三眼瞼腺を手やピンセットなどで、根気強く元の位置に戻します。また、目薬である程度の症状は軽減されますので、点眼を継続的に行います。飛び出した部分が大きい場合や、小さくても再発をくり返す場合は、外科手術が行われます。術後は二次感染を引き起こさないよう注意が必要です。

予防

遺伝性が高く予防は難しいため、早期発見・早期治療を心がけるようにしましょう。

★かかりやすい犬種★

遺伝性が高い病気と考えられており、ビーグル、プードル、セント・バーナード、バセット・ハウンド、コッカー・スパニエル、ボストン・テリア、ペキニーズなど短頭種の犬に多く見られます。