読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腎不全

何らかの原因により、体内の老廃物の排泄や水分・電解質バランスの調節などといった
腎臓の機能の75%が働かなくなってしまった状態のことを腎不全と言います。腎不全は、その経過により「急性腎不全」と「慢性腎不全」に分けられます。

 

<急性腎不全>

症状

突然、食欲も元気もなくなります。水をたくさん飲み、おしっこの量が増えたり、逆に急激に尿量が減少し、全く出なくなったりするようになります。嘔吐、下痢などの症状があらわれ、口がカラカラになるほどの重い脱水症状を起こすこともあります。

これらの症状は数時間から数日のうちに急速に悪化し、体内に毒素が蓄積すると尿毒症を引き起こして、けいれんなどの神経症状があらわれます。死亡率が高く、慢性腎不全に移行する事も多いです。

原因

急性腎不全は、原因となる部位がどこにあるかによって、次の3種類に分けられます。

●腎前性急性腎不全

心臓病や脱水などが原因で、腎臓(糸球体)に送られる血液の量が少なくなって発症します。

●腎性急性腎不全

腎臓そのものに障害があるタイプで、毒物の摂取、外傷、感染症、腫瘍など原因は様々です。

●腎後性急性腎不全

腎臓より後にある膀胱や尿道などが結石や腫瘍などで閉塞したり、事故などによって尿路が損傷したりして、尿がきちんと排泄できず発症します。

治療

急激に症状が悪化し、命に関わるため、一刻も早く治療を行う必要があります。病院ではまず緊急救命措置が取られ、脱水症状を起こしている場合は点滴により不足している水分を補います。合わせて腎前性や腎後性の急性腎不全では、原因となる病気の治療を行い、さらなる腎臓のダメージを抑えます。

腎性急性腎不全も同様に、毒物による中毒の場合は吐かせたり、中毒に対する治療を行い、結石が原因であれば、手術で石を取り除くなど、原因となっている病気の治療を行います。急性腎不全は、治療が遅れたり、腎臓への障害が重度の場合には、命が助かっても慢性腎不全に移行することがあります。

<慢性腎不全>

じわじわと進行するため、飼主も気づかないことが多い病気ですが、老犬では主要な死因の一つです。

症状

初期は、尿の色がやや薄くなる程度で、ほとんど無症状です。次第に水をよく飲むようになり、尿の量も増えてきますが(多飲多尿)、この段階では、特別目立った症状はありません。腎臓は全体の75%を失っても、残った25%で生活できるので、血液検査で異常が見つかったり、症状が出た場合は、機能している部分はあまり残っていないという事です。

病気が進行すると、食欲がなくなったり、嘔吐、体重の減少、貧血といった症状が見られるようになります。最終的には、体内の老廃物や毒素を排泄できず尿毒症になり、ぐったりして元気が無くなり、嘔吐や下痢が頻発したり、痙攣や昏睡などの神経症状があらわれたりするようになります。

原因

血液をろ過する糸球体の炎症や腎盂腎炎など、様々な腎臓疾患や急性腎不全からの移行などで起こります。

治療

一度ダメになった腎臓は再生しませんので、症状の緩和のための治療となります。食事療法、薬物投与、輸液などで良い状態を維持するようにします。

●初期~中期腎不全

尿毒素により胃液の分泌が増え、吐き気や嘔吐がある場合は、それを抑えるための薬が処方されます。さらに過剰な尿毒素の産生を抑える為に、蛋白同化ホルモンの定期的注射、リン、ナトリウムを制限した食事療法を行います。尿毒素を吸着させ、便とともに排泄させるクレメジンというカーボン系の薬は、中期の腎不全まで有効です。

●末期腎不全

点滴で循環血液の量を増やし、尿毒症と脱水の改善を図ります。ある程度症状が落ち着いたら、タンパク質やリン、ナトリウムを制限し、失いがちなビタミンを強化した腎疾患専用フードによる食事療法で良い状態を維持します。

予防

人間用の味の濃い食べ物を与えないなど食事内容に気を付け、日ごろから尿の量や回数をチェックする習慣をつけましょう。高齢犬であれば、定期検査で早期発見・早期治療を心がけましょう。