読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尿毒症

腎不全が進行して腎臓の働きが低下すると、老廃物を尿として排出する事が困難になり
毒素が体内に蓄積されます。この状態のことを尿毒症といいます。その他の臓器に深刻な影響を与え、末期には痙攣や昏睡などの神経症状もあらわれます。早急に対処をしないと、命に関わる病気です。

 

症状

元気や食欲がなくなり、嘔吐や下痢などの症状が見られるようになります。尿毒症になると、アンモニア臭のある口臭がすることもあります。病気が進行すると、体重が減少し、毛づやも悪くなり、貧血や痙攣、昏睡などの神経症状を起こし、最後には死に至ります。

原因

腎不全や糸球体腎炎などにより腎臓の機能が低下し、本来は尿として排泄されるべき尿素や窒素などの老廃物が十分に排泄されないことで、高窒素血症を引き起こします。また、尿道結石などが原因で、尿が排泄できずに起こる場合もあります。

治療

血液の循環量を増やし、尿毒症と脱水の改善を図るのが第一です。方法としては、点滴(静脈点滴や皮下点滴など)や利尿剤の投与により尿量を増やしたり、腹膜透析などを行うことで、老廃物の排出を促します。

また、神経症状などの各症状にあわせた対症療法や食事療法なども行われます。尿道結石が原因の場合は、結石を取り除く外科的治療も行われます。腎機能障害の原因となっている疾患、例えば、細菌やウイルスの感染による腎炎や外傷・薬物などによる中毒、心不全やショックなどによる腎血流量の低下、免疫疾患などによる腎炎などがあれば、その治療も同時に行います。

予防

尿毒症を引き起こす腎障害の原因となる疾患の早期発見、早期治療が重要です。老犬の場合は、血液検査や尿検査などを定期的に受けるようにしましょう。また、日ごろから愛犬の飲水量・排尿の状態をチェックしておきましょう。