回虫症

回虫症は、犬回虫という寄生虫が犬に寄生し、おもに下痢などを引き起こす病気で、
犬には最も多い内臓の寄生虫です。

 

症状

子犬に感染すると、元気がなくなったり、痩せてきたり、貧血、下痢や嘔吐などの消化器症状や発育不良、お腹が膨れてくるといった症状が現れます。酷い場合には、回虫のかたまりが腸に詰まって腸閉塞を起こしたり、けいれん、麻痺などの神経症状が認められ、命に関わることもあります。一方、成犬に感染した場合は、下痢が見られることがありますが、症状が出ないことも多いようです。

原因

回虫症は、犬回虫という白いミミズのような、長さが7~15cmぐらいの寄生虫に感染することで発症します。感染経路としては、母犬の胎内で感染する胎盤感染、乳汁によって子犬へ感染する乳汁感染、犬回虫の虫卵に汚染された土壌や糞便中の虫卵を舐めたりすることで感染する経口感染のほか、ネズミなどの補食によっても感染します。

犬回虫卵は腸内で子虫となり、体内を移行して、最終的には腸に寄生するようになります。成犬での寄生があまりみられない理由は、免疫ができているためです。

治療

駆虫薬を飲ませて駆虫します。下痢をしている場合には、下痢を緩和する薬も投与します。回虫の量や犬の年齢、感染してからの期間などにより、全てを1回では駆虫できないこともあるため、2週間以降に再検査をおこない、必要があれば再投与します。多頭飼いの家庭の場合は、ほかのすべての犬にも駆虫薬を同時投与することが大切です。

予防

犬の放置便に触れさせないよう、飼い主が気をつける。虫卵は高温と乾燥にとても弱いため、乾燥と清潔を保つように心がけましょう。野生のネズミなどと接触がありそうであれば、駆除を行うのも予防につながります。