読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉤虫症

体長約1~2cmの白い吸血性の鉤虫(こうちゅう)という寄生虫が小腸内に寄生し、
貧血や栄養不良などといった症状を起こす病気です。体の小さな子犬が大量の鉤虫に寄生されると激しい症状を起こし、死亡する場合もあります。

 

症状

1歳以下の仔犬に発症する事が多く、タール状の便や血便など、下痢の症状が見られます。痛みがあるため、お腹をかばうような姿勢をとることもあります。また、貧血を起こし、重症になると目の粘膜や口の粘膜が白くなります。下痢や貧血の症状の重さは寄生している鉤虫の数によって変わりますが、生後間もない幼犬に多数感染した場合は、乳を飲まなくなり、急激に衰弱して貧血からショック死を起こすこともあります。

原因

鉤虫症は、犬鉤虫とよばれる寄生虫に感染することで起こります。感染した犬の糞便中から排泄された卵が外界でふ化し、小虫となります。この子虫が別の犬の体内に侵入することで感染が広がります。

幼虫が食器や食べ物にから口の中に入って感染したり、小虫は土の中に生息するため、皮膚や毛穴から感染したり、母犬の胎盤や母乳を通して小犬に感染する場合があります。犬の体内に入った小虫は小腸に寄生し、鋭い牙で小腸の粘膜に咬み付いて吸血しながら成虫になります。そのため大量に寄生されると、腸炎を起こすだけでなく重い貧血の原因ともなります。

治療

症状が軽ければ、薬や注射で駆虫します。下痢や貧血を起こし、症状が酷い場合には、輸血をするなど症状を緩和する対症療法を行います。

予防

周囲に幼虫が潜んでいる可能性がありますので、普段から衛生管理に注意しましょう。また、便は放置せず早めに処理し、もしも他の犬のフン便が放置されていたら、近づかせないようにしましょう。