マイボーム腺炎・腺腫

瞼の先端、まつ毛をはさんで表と裏にマイボーム腺という油脂を分泌する腺があります。このマイボーム腺に炎症が起きる病気が、マイボーム腺炎、腫瘍になったものが マイボーム腺腫です。

 

症状

瞼の淵が赤く腫れ上がります。目ヤニや涙が多くなり、目が開けづらくなったりします。痒みを伴う事も多く、前足で目をこすったり、瞼の部分を床にこすりつけたりするため、角膜に傷が入る場合もあります。

5歳以上の高齢犬では、マイボーム腺が腫瘍となり、瞼の表面にイボ状に突出してくる場合があり、これをマイボーム腺腫と呼びます。単発でできる事が多いですが、3つ、4つと増えていく場合もあります。マイボーム腺腫は良性腫瘍なので転移することはありませんが、切除しない限りそのままです。特に目の内側に出来た腺腫は目に刺激を与え、角膜炎の原因にもなります

原因

マイボーム腺が細菌に感染して炎症を起こすことで発症します。1ヶ所のこともありますが、複数のマイボーム腺が同時に炎症を起こすことが多いようです。片目に出ることもあれば、両側同時に起きることもあります。人間の「ものもらい」に相当し、免疫力の弱っている時に発生しやすいようです。

治療

マイボーム腺炎では、抗生物質の目薬を使用し、場合によっては内服薬も服用します。前足でひっかいてしまう場合は、エリザベスカラーを使用します。痒みや腫れが酷い場合は、ステロイドが併用されることもあります。 マイボーム腺腫は、内服薬や目薬では治らないため外科的な処置が必要です。腫瘍が小さい場合は、無麻酔で表面を削りとるといった処置も可能ですが、この場合、しばらくするとまた同じ所から発生します。完治させるには、原因の部分を切除して縫合するか、レーザーや電気メスで蒸散させることが必要です。