読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椎間板ヘルニア

椎間板は、背骨の骨と骨の間にあって骨同士がぶつからないようクッションの働きをしています。この椎間板が外に突き出して神経を圧迫し、様々な障害を起こしている状態が椎間板ヘルニアです。

 

症状

椎間板ヘルニアの症状は、発症部位と進行状態によって様々です。背筋に沿って激しい痛みがあるため、歩き方や姿勢がおかしくなったり、背中を触ったり抱かれるのを嫌がったりします。悪化すると四肢が麻痺して半身不随や、排便・排尿の困難などが起こることもあります。痛覚もマヒするため、つねっても反応しません。マヒが酷くなる前に発見して治療すれば治ることが多いのですが、手遅れになると一生歩けなくなることもあります。

原因

激しい運動や肥満、骨の老化などにより椎間板が損傷することで起こります。ミニチュア・ダックス、ペキニーズ、プードル、シーズー、パグ、ビーグルといった軟骨異栄養症性犬種と呼ばれる犬種に多く、これらの犬種では若齢期(2~7歳頃)から発症します。この他の犬種では、加齢とともに多く見られるようになります。

治療

病状によって治療方法が異なりますが、症状が軽い場合は、副腎皮質ホルモンや患部の痛みを抑える内科的治療を行い、運動を控え安静にさせるようにします。治療後も改善しない場合や症状が重度の場合には、骨の一部を除去するなど外科的治療を行います。外科的治療後はリハビリを行って、神経の機能回復を図ります。

予防

発症しやすい犬種では、激しい運動は控えるようにします。フローリングや階段には滑り止めを敷き、脊椎に負担をかけないようにすることも大切です。また、食事の管理に気を付け、肥満防止に努めましょう。

★かかりやすい犬種★

アメリカンコッカースパニエル、ウェルシュ・コーギー、シーズー、ミニュチュア・ダックスフンドビーグル、フレンチブルドック、ペキニーズなど