犬ヘルペス感染症

イヌヘルペス感染症は、仔犬の突然死に関係があるとされるウイルス病で、仔犬の主な臓器が壊死を起こす致死的な感染症です。

 

症状

イヌヘルペス感染症の主な症状は、生後1~2週間の仔犬が、母犬の母乳を全く飲まなくなり、黄緑色~緑色の下痢をして、嘔吐、よだれ、息苦しい呼吸、肺炎の症状がみられます。末期には水のような下痢になり、運動失調などの神経症状があらわれ、腎臓、肺、肝臓など主な臓器が壊死を起こすことから、お腹を押さえると痛がります。

潜伏期間は1週間ほどで、成犬の場合では軽い鼻炎程度の症状しか示しませんが、仔犬は発病してから死亡するまで、多くの場合4~7日間です。1週間前後でほとんどの兄弟姉妹の犬(同腹犬)が死亡してしまいます。この病気の特徴的な症状は、乳を全く飲まなくなってから現れるなき声で、これは死亡するまで続きます。

原因

イヌヘルペスウィルスへの感染で起こります。感染経路ははっきりとはわかっていませんが、イヌヘルペスウイルスが母犬の胎盤から感染するか出生の時、産道で感染すると考えられています。

治療

輸液や抗生物質などでの治療が行われますが、生後間もない仔犬に高い死亡率を示すため、治療は難しいとされています。ただし、同腹犬にこの症状が現れた際は、他の犬も感染しているものとして治療を行います。イヌヘルペスウイルスが低温(35~37℃)で増殖することから、発病した犬を隔離し、他の子犬を37~38℃前後の保育器に収容します。ウイルスの増殖できない体温を保つことによって、子犬の命を救える可能性があります。

予防

イヌヘルペスウイルスについては不明な点も多く、ワクチンもまだありません。病気が発生した場合は、犬舎、産室の消毒をし、飼育環境の清潔を保つようにします。また、仔犬がイヌヘルペス感染症によって急死した経験のある母犬には、出産をさせないようにします。