外耳炎

外耳炎

外耳炎は、外耳道(耳の穴~鼓膜の間)に炎症の起きる病気です。
耳の垂れている犬に多い病気といわれていますが、外耳道に毛が多かったり、
体質的に耳垢が溜まりやすい犬、アレルギーを持つ犬もかかりやすいようです。
1度外耳炎になるとなかなか直りにくく、治療が長びきます。
又、再発しやすいため注意が必要です。

 

症状

褐色や黄色で臭いの強い耳垢がたまります。頻繁に掃除をしても、すぐに耳垢がたまります。耳の中が赤く腫れ、酷くなると耳の穴を塞いでしまうこともあります。痒みがあるため、後ろ足で頻繁に耳を掻いたり、耳を壁や床にこすりつけたりします。更に痒みが酷くなったり、痛みが出たりすると、頭を振ったり常に首を傾けたままでいたりします。悪化すると中耳炎、内耳炎に進行し、完治するまで長い時間がかかります。さらに、顔面麻痺などの神経症状を起こすこともあります。

原因

耳垢に細菌や真菌(カビ)などが繁殖し、炎症を起こすのが一般的です。耳掃除の際に外耳道に傷ができてしまい、そこから炎症を起こすこともあります。アレルギーやダニが原因だったり、シャンプーが耳へ入ったりすることなど様々なことが原因でこの病気が発生します。

治療と予防

耳の中を洗浄し、消炎剤や抗生物質を投与するのが一般的です。原因を突き止め、細菌や真菌の繁殖が原因の場合、抗生物質や抗真菌剤を用います。ダニの寄生が原因の場合、駆除薬を投与します。また、アレルギーなどが原因の場合、並行してそちらの治療も行います。外耳炎は再発しやすい病気で慢性化しやすいため根気よく治療を続けることが大切です。

犬の外耳道は、もともと真っ直ぐでない為、換気がされにくく、湿気が溜まりやすい構造です。こまめに正しい方法で、耳のお手入れをしてあげることが予防につながります。