読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロナウイルス感染症

コロナウイルスに感染することにより発症する病気で、主に腸炎を引き起こします。成犬の場合、感染してもほとんど症状は現れませんが、子犬に感染すると下痢や嘔吐などを引き起こします。ウイルスの外膜表面の突起が、太陽の「コロナ」に見える所からコロナウイルスと名付けられました。

 

症状

アルコールや石けんでも死んでしまう弱いウイルスですが、感染力は非常に強く、仔犬が感染すると、激しい下痢と嘔吐の胃腸炎を起こします。下痢が長引く場合は、脱水症状から死に至る場合もあります。また、子犬がコロナウイルスだけでなく、他の細菌などにも感染した場合も、症状がより重くなり、命に関わることがあります。成犬の場合、多くは感染しても症状の現れない不顕性感染です。症状が現れた場合でも、軽い下痢や食欲の低下、嘔吐といった症状が見られる程度です。しかし、症状が現れない場合や、症状が回復しても、数週間はウイルスを排出し続けるので注意が必要です。

原因

コロナウイルスに感染した他のイヌの便や嘔吐物、食器などから犬の口や鼻に入ることで感染します。感染力が強いため、集団飼育している場合には短期間で蔓延してしまいます。

治療

ほとんどの場合は自然に治りますが、症状が重い場合は、脱水対策として電解質液による支持療法、嘔吐が続く場合は制吐剤などの投与が必要となることがあります。また二次感染を防止するために抗生物質を投与します。家庭では、保温と安静に気を配り、消化の良い食事を与えましょう。

予防

犬コロナウイルス感染症は、混合ワクチンの接種で予防できます。子犬のうちから必要な回数のワクチンを接種するようにしましょう。特に成犬では、感染しても症状のないままウイルスをまき散らす恐れがあるため、予防接種をしっかり受けるようにしましょう。