読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僧帽弁閉鎖不全症

人間と同様、犬も高齢になると様々な病気にかかります。その中でも多くみられるのが心臓病です。特に老犬が心臓病になる場合、ほとんどが僧帽弁閉鎖不全症といわれています。加齢による病気のため、一度発症したら治すことは難しく、通常は進行を遅らせる処置をするしか方法がありません。

早く症状に気づき適切な処置をとれば、それだけ長生きさせることができますので、早期発見、早期治療が非常に重要です。5歳を過ぎたら一度検査をしてみるのもおすすめです。

 

症状

僧帽弁閉鎖不全症に限らず、一般的に心臓病の特徴となる症状は犬の場合、咳・運動不耐性・失神の三症状です。

<咳>

犬の場合、心臓病が原因で咳をすることが多く見られます。 心臓が大きくなると、気管支がつぶれたり狭くなったりして咳が出ます。また、心臓の血液の流れが悪くなり、肺に水が溜まったりしても咳が出ます。

犬が咳をしている場合、心臓が正常より大きくなっていれば心臓病からくる咳、心臓の大きさが正常であれば、心臓以外の障害からくる咳だと判定できます。また、心臓病の咳は、夜間や明け方に多く、喉の奥から異物を吐き出すような咳という特徴があります。

<運動不耐性>

散歩や運動を嫌がったり、体を動かすとすぐに疲れるという状態も心臓病のサインです。犬が散歩を嫌がると、もう高齢だから仕方がないと思ってしまう飼い主の方も多いですが、重大な病気が隠されていることもありますので注意してください。

散歩の途中で座って休んだり、ほんど動かなくなる場合は心臓病の疑いが濃厚です。ただし、心臓病以外でも、動物が運動を嫌がることはあります。たとえば、呼吸器系の病気にかかっていたり、足や関節が悪くなっているときにも、犬は動くことを嫌がる場合があります。