前十字靭帯断裂

前十字靱帯は、膝関節を構成する靭帯の一つで、大腿骨と脛骨をつなぎ、脛骨が前へ出たり、内側へ回転しないよう抑制する働きをしています。この靭帯が、部分的もしくは完全に切れてしまった状態が前十字靱帯断裂です。前十字靱帯断裂は、犬では比較的多く見られます。

 

症状

急性断裂の場合は、痛みのために後足をあげたままの跛行(びっこをひく)やちょっとだけ足を地面につけた跛行が見られます。体重が軽い犬の場合は、痛みが引くといつものように歩いたり、走ったりするため、治ったと勘違いしやすいですが、跛行は繰り返されます。

慢性化したものは、足を引きずったり、立ったり座ったりしにくそうな様子が見られます。前十靱帯の断裂後、小型犬の場合は症状が和ぎ、跛行が目立たなくなることもありますが、大型犬の場合は、変形性骨関節症(DJD)を引き起こし、さらに症状が悪化することがあります。

この病気は、加齢に従ってよく発症する傾向が見られますが、大型犬種では若齢での発症もあります。

原因

激しい運動や事故などにより、膝関節に急激な力が加わることで、前十字靭帯断裂が起こります。また、老化によって靭帯が脆く弱くなったり、肥満による膝関節への負担の増加が原因の場合もあります。

遺伝的な要因で、ダックスフンドやビーグル、ラブやゴールデンなどのレトリーバー種、ロットワイラーなど)が切れやすいと言われることもあります。その他、近年では犬の膝関節の構造の問題も指摘されています。

人間の場合、直立二足歩行のため、大腿骨を支える脛骨はほぼ垂直に立っています。通常は、地面に対して平行する脛骨の上部に大腿骨が載っているため、過激な運動をしない限り、十字靭帯にあまり負荷がかかりません。